続 生きる日記

風の吹くまま気の向くまま何となく綴りますよ

2019年映画ベスト

順位はつけられないので、

観た順にこれは!と思った作品を10本くらい選んでみました。

何本かは当ブログで感想なりをアップしました。



クリード 炎の宿敵

・バーニング 劇場版

・運び屋

キャプテン・マーベル

・シンプルフェイバー

アベンジャーズ エンドゲーム

・愛がなんだ

スパイダーマン ファーフロムホーム

・旅の終わり世界のはじまり

・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ジョン・ウィック:パラベラム

・JORKER

・宮本から君へ

・よこがお

・真実

蜜蜂と遠雷

ゾンビランド ダブルタップ

新聞記者ドキュメント



なんと言ってもMCUの集大成『アベンジャーズ エンドゲーム』ですかねぇ

“3000回愛してる”

思い出したらキュンとしちゃう

トニーはファンの心の中で生き続けています。

そして僕らにはピーターがいる!

最強のキャプテンマーベルもついてる!

ピーターの成長を見守っていこうではありませんか。

マーベルはこの先も我々に希望を与えてくれると信じて。って荷が重いかな?過剰な期待は禁物だからして。

ま。これからはもっと気楽に観ます。


あ。結果18本になってしまいました。

韓国映画は『バーニング』のみ。

アメコミ多し。

邦画は概ねよかった(ざっくり)成田凌くんは大倉さんとの作品も控えてるし、ちゅーもくしよう。


鑑賞回数は110回

複数回観たのもあるので、作品数でいうと新旧含め100作品

ことしはもう少し観たいと存じます。

が。200本はハードル高いわぁ。

そういえば、エイトちゃんがアピールしていたプレミアムフライデーって今どうなってるのかしら?

うちは全く関係なかったけど、働き方改革早く帰れる日が増えたらもっと映画を観られるのに。


2019年の洋画興行収入1位が『アラジン』という結果には驚きました。

観てませんねー

ジェミニマン』は観たのに。


ことしはなるべく毎年言ってるけど観たらなるべく早くアップしてみたいと思います。

おやすみなさい。