続 生きる日記

風の吹くまま気の向くまま何となく綴りますよ

助かったー

あの日窮地に陥っていた同僚がわたしに

「何か手伝うことありますか」と声をかけてくれた。

助けて欲しいことがあり、ありまくりです。

嬉しいよー

ありがとう。

ありがとう。

優しくなりたい。