続 生きる日記

風の吹くまま気の向くまま何となく綴りますよ

お元気で!

「オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん」の最後の言葉はこれだったかな?いつも通り普通に終わっちゃった。『銀河鉄道の夜』が流れてくるとあぁエンディングだと毎回寂しく思ったものです。最近はちゃんと聴けないことが多かったけど…

『1917 命をかけた伝令』を観た

大方の予想に反し今年のアカデミー賞作品賞は逃しましたが、撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した話題作。予告ではメイキングをたっぷり披露、新しいネタバレのかたちを展開。をふまえて。ワンカットの体をとった撮影で、我々観客は主人公の一部始終を地を…

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を観た

アダム・ドライバー最近ホントよく観る観てる映画によく出てるカイロ・レンを払拭する勢いでございます。カッコいいんだけど、どこかぼーっとしてて少し頼りなさげな。今のところ『パターソン』の彼がいちばん好きですがー本作は構想30年、呪われた映画とも…

『ハスラーズ』を観た

今どきのんきに映画なんか観ちゃいけないのかな?私たちからこれ以上エンタメを奪わないで欲しいと切に願いますこんな時期なのに、何故か隣に座ってくる人前も後ろも空いてるのに?どうしてもその席がいいんだねってことが2回ありました。都心では一個空きで…

『ナイブズ・アウト』を観た

感想がたまってきたので、いつも以上にどうでもいい内容を書くことになりそうです。あとから読み返してどんな内容の作品だったかわかるかも自信がないですが。ダニエル・クレイグが名探偵役で登場だー007のイメージがつきまくりですがー名探偵なのかどうかは…

『CLIMAX』を観た

最近ホント監督の名前がパパッとライすらないのよね本作監督作初体験!しばしば露悪的と評されております。まだ名前出てこない…。本作は冬の山小屋に隔離されたダンサー達の打ち上げの一夜を描いた作品で、実際プロのダンサーが出演しております。打ち上げで…

『グッドライアー 偽りのゲーム』を観た

年配向け出会い系サイトって今どんな事情なんだろう?例えば70歳くらいで未亡人になったとして…。出来心とかあればやっちゃうかもなやっぱ嘘ついて?お酒は飲みません趣味はオペラ鑑賞本作はヘレン・ミレンとイアン・マッケランがサイトを通じて出会うところ…

『スキャンダル』を観た

最近ホント俳優の名前がスッとでてこないのよね。シャーリーズ・セロン、マーゴット・ロビー、ニコール・キッドマンそろい踏み豪華すぎる!アカデミー賞メイクアップ&スタイリング賞をカズ・ヒロ氏が受賞したことでも話題の映画であります。2016年に起きた実…

『グリンゴ 最強の悪運男』を観た

この映画をチョイスした自分を褒めてあげたい。嘘。フュリオサ大隊長(@マッドマックス)ことシャーリーズ・セロン姐さんが出てるってことは観ろよってことですよね。ってことで。姐さん製作も兼任しております。今回はセクシー路線す。美人すぎて圧倒されま…

『AI 崩壊』を観た

僕らの入江悠監督がまたまたビッグガジェット作品を撮ったーというわけで、なんともそそられない(褒めてます)タイトルでありますがー。大沢たかおさん主演。主なキャストは賀来賢人さん、松嶋菜々子さん。と2月に書いてから随分と時が経過しまして、観た作…

もしかしてだけど

みなさまお元気ですか〜なんとなく不穏なムードが漂う昨今ですがなるべくいつも通りに生活できますように。私事ではございますが、あれから15年。綾小路きみまろ氏の言うことが本当に身に染みて分かるようになってきましてね。所帯を持って15年目の春です。…

夏日昼休み0点

ヒートテック着てきた上にジャケットまで羽織ってきたもんだからさぁ大変昨日ホテルのランチバイキングに行きましたどうしてあんなにも卑しく下品な食べ方をしてしまうのだろう元取る的な考えがいけない苦しくて動けなくて、帰宅して昼寝して夜ご飯は抜きに…

『影裏』を観た

「えいり」と読みます。原作は読んでおりません。芥川賞作品だそうです。予告ではパンイチの綾野剛さんの後ろ姿やら松田龍平さんが綾野剛さんにだーれだ?的な動作をしていたりと、まぁなんか違和感を感じておりました。キャストの中に中村倫也さんを見つけ…

『マイ・ビューティフル・デイズ』を観た

TBS日比麻音子アナのイチオシ ティモシー・シャラメ十代最後の姿を見逃すなーなんてふれこみで、観てまいりました。ティモシー君といえば、『君の名前で僕を呼んで』の記憶も新しいあの麗しの少年です。原題は『Miss Stevns』彼が心を寄せる英語教師の名前で…

隠れてなくない?

少し前のかんじゃむにて、シングルになっていない隠れた名曲(こんな感じのタイトルでしたっけ?)をみて。なんとなく面倒くさい胡散臭い文章になりそうな予感がするので、あ コイツだめだと思ったら先に進まないでくださいね!選曲したのが、いきものがかり…

快挙!

ポン・ジュノ監督時は来ました。『パラサイト 半地下の家族』アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、国際映画賞の4冠達成おめでとうございます!ここまでの快進撃は予想できなかったです。韓国映画恐るべしー世界がマーケットって凄いことだし日本映画ももっ…

アカデミー賞予想

誰にも頼まれておりませんが、なんとなく、ことしは例年になく盛り上がってるっぽいし、既に観た作品が多くノミネートされてるし、開催もいつもより早いよね?てなわけで、主要部門の予想でも。作品賞『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』これ…

『CATS』を観た

“一生に一度の体験”ってふれこみでした。たしか。めちゃくちゃ有名なのは知ってますが、ミュージカル版は観たことないし、どんな内容かも知らずに今日まで生きてきました。「メモリー」という曲だけは知ってる程度で。こんな日本人が観た感想です。今年にな…

『フォードvsフェラーリ』を観た

マット・デイモンて私より年上なのねクリスチャン・ベイルって私より年下なのね2人ともますますいい感じに仕上がってきてるなぁ。俳優っていい仕事だなぁ。と、浅はかな感想を述べたところで。私ときたら車にほとんど興味がないのですが、映画に出てくる車た…

『さらば青春の光 デジタルリマスター』を観た

ずーっと気になっていたのに、たどり着くまで随分と時間がかかってしまいました。出会いはまさに今のタイミングだったのでしょう。この映画を若い頃に観ていたらまた感想が違っていたと思う。当たり前ですが。今はすっかり大人風情で、偉そうに、全くなんて…

『男はつらいよ お帰り寅さん』を観た

映画を愛する者ならば、観なくてはならない作品が膨大にあるのですが、寅さんシリーズもそのひとつであります。いつかインフルエンザになった時、いつか骨折して入院した時に、と思ってはいるのですが、その時は来ず…。そんな身分で最新作『男はつらいよ お…

『リチャード・ジュエル』を観た

ケン・ローチ監督といいイーストウッド監督といい、一体いつまで撮り続けるのか!?言っておきたいことがあるーな世の中ですものね本作は実話を元にしております。アトランタ五輪の爆破事件て全く記憶にないのですが。五輪ですか、、、何もおこらなければよ…

ツアー「逆噴射バンド」を観た

再結成バンドにも色々ございますが…ユニコーンはまぁいいでしょうノリがノリだし再結成後アルバム出したし(だいぶ上からすみません!)ナンバーガールはどうでしょう再結成!?マジかすげぇ確かにそう思いました一報を知った時は。向井さんがまた奴らとやり…

『ジョジョ・ラビット』を観た

アウシュビッツ強制収容所が27日、ソ連軍による開放から75年を迎えたそうだ。恥ずかしながらこの日のことを知らなかった。オランダの首相は、当時ナチス・ドイツに占領されたオランダ政府がナチスに従い、ユダヤ人を、迫害から守らなかったことを「政府の名…

『ラストレター』を観た

予告は100点なんだけどなぁとか予告でだいたいわかっちゃったよなどなどございますが。こちらの作品はというと、いい感じで裏切られたというか私ってやっぱり浅いなと。またまた神木くんまたまた高校生になっちゃった。人って一目惚れの瞬間てあんな顔すんだ…

『国家が破産する日』を観た

1997年韓国で起きた通貨危機の裏側を描いた作品。近年同じようなことが世界中で起きていることからもわかるように資本主義国は繰り返すというか人は学ばないというか国は嘘をつくというか今の日本でもまた同じようなことがおきていないだろうか?経済成長成…

紅白を観た

今更ながら、2019年の紅白の録画を観た。で。そのとき初めて白が勝ったと知った。この情報社会においてよくぞこの日まで知らずにいられたものだ。というか、さほど関心ない案件になっちゃったのかな?実際どっちが勝とうがどうでもよいしね。録画は9時以降か…

『パラサイト 半地下の家族』を観た

ことしはなるはやで映画の感想というか観たメモ的なものをポンポンアップできてらいいなぁというわけで、ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』を観ました。カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作だけあってお客さんは結構入っておりました。昨年か…

『カイジ ファイナルゲーム』を観た

2020年オリンピック後の日本では缶ビールは1本1000円で販売されている。そんな世の中でカイジくんが班長こと松尾ちゃんに出会ったー今回も藤原竜也さんめっちゃ声出てました。よっ!待ってました。吉田鋼太郎さんも追随しますお二人ともさすがの舞台俳優うわ…

『アイリッシュマン』を観た

Netflix配信ですが、『ROMA』に引き続き近所の映画館が上映してくださったのでありがたく鑑賞。なんて恵まれた環境だろうか。これはスクリーンで観るべきだよね。とにかく画力が半端ないというかまず映像が美しいそして役者陣の表情、佇まいすべてが絵になる…